保育のはてな?保育のお役立ち情報まとめブログ

保育に関するはてな?を発信していきます!保育士さんや幼稚園教諭さん、子育て中の保護者の皆さん、保育に関心をお持ちの方々にぜひ読んでいただきたいです。

主任保育士の仕事って?主任保育士のメリットやデメリット、主任になる方法をご紹介

 保育士としてのスキルや経験を身に付けるなかで、主任保育士へのキャリアアップを目標にする人もいるでしょう。主任保育士は保育業務から管理業務まで様々な業務を行っています。責任が重い役職で抱える負担も大きくなりますが、その分やりがいもたくさんあります。主任保育士になるには、様々な業務に対応できるスキルや経験を身に付けなければなりません。

保育業務から管理業務まで主任保育士の仕事はたくさんある

保育士 主任①

 主任保育士は一般の企業で言えば管理職にあたる役職です。子どもたちにより良い保育環境で過ごしてもらうために、保育活動全般のリーダーを務めています。かつては副園長や勤続年数が長い保育士が主任保育士を兼任することが多かったのですが、専任の主任保育士を置くための国家予算が組まれることとなり、現在はほとんどの認可保育園で主任という役職が確保されるようになりました。主任保育士の具体的な業務内容は次のようなものです。

【主任保育士の主な業務内容】
・行事の企画や運営
・保育指導計画などの作成補助、点検
・保育士の勤務シフトの管理
・保育士への専門知識や技術の教育、研修
・保育士のメンタルサポートや相談対応
・職場内の人間関係の改善
・園長のサポートや代行
・園児全体と家庭状況の把握
・課題のある子どもや家庭への対応
・園見学や地域交流の窓口
・保護者の相談窓口
・職場体験や実習生、ボランティアの受け入れ
・教材やおもちゃ、絵本などのセレクション 

 このように主任保育士の業務は多岐にわたり、主任保育士は保育士のなかでも忙しく責任の重い役職となっています。そのため保育士のスキルや資質だけでなく、しっかりとしたキャリアも求められます。

周囲から信頼され給与も上がる一方で主任ならではの悩みも

保育士 主任②

 様々な業務を行い重い責任を背負っている主任保育士ですが、主任保育士として働くメリットもたくさんあります。

【主任保育士のメリット】
・責任が大きい分、職場の保育士や保護者からの信頼を得ることができる
・園内だけでなく保護者や地域との交流も多く、様々な人脈を築くことができる
・園長と保育士を繋ぐ架け橋のような役割のため、それぞれの視点で保育を見つめることができる
・園長の補佐を行うため経営面のスキルや実績を積むことができる
・主任保育士になると昇給や手当が付く

 このように主任保育士の仕事は魅力も多く、やりがいをもって取り組める仕事です。しかし一方で主任保育士ならではのデメリットもあります。
【主任保育士のデメリット】
・保育士の指導や教育にストレスや気苦労を感じる
・一般の保育士よりも担当業務が多く責任も重いが、それに見合った給料がもらえない場合がある
・園長の補佐や地域交流、保護者との折衝などの業務が多いため、保育現場で子どもと触れ合う時間が短い
・仕事内容が多岐にわたるため、残業や休日出勤が多くプライベートの時間の確保が難しい

 主任保育士になる一番のメリットは昇給や手当だと思いますが、園によっては主任保育士の働きに見合う給料を支払っていません。そのため前もって主任保育士の昇給や手当の額を確認する方が良いでしょう。

主任保育士になるには?昇格できにくい園もあるので注意

保育士 主任③

 主任保育士は誰でもすぐになれる役職ではありません。主任保育士になるにはスキルや経験年数はもちろん、キャリアが求められることもあります。日常の保育業務はもちろんのこと、クラス担任や新人保育士の指導、さらには保護者からのクレーム対応や連絡調整など様々な状況に対して柔軟に対応できるスキルが主任保育士には求められます。主任になるために子育て相談専門員、社会福祉士、主任保育士専門講座など主任の業務に関連する資格を取得したり、講習を受けたりする人も増えてきています。

 主任保育士になるための経験年数は定められていませんが、最低でも8年以上の実務経験は必要と言われています。しかし公立の園の半数は25年以上勤務した保育士が主任保育士になっている一方で、私立の園では5年目で主任というケースもあり、園の状況によって異なっています。クラスリーダーや副主任として働いた経験があるかなどキャリアを重視する園もあります。

 また主任保育士を目指すうえで最も重要なことは、主任保育士になりたいという意思を園長などの上司に伝えることです。そうすることで今の自分に足りない経験やスキルを教えてもらうこともできますし、主任になるための研修に参加させてもらえることもあります。しかし主任保育士は1つの園に1人なので、前職の人が昇格するか退職するなどしない限り、チャンスは巡ってきません。特に家族経営の園では主任保育士が世襲制になっていることもあります。キャリアアップを妨げる原因が園にあるならば、主任保育士を募集している園に転職することも主任保育士になるための一つの方法です。

「主任保育士」に関するまとめ

 子どもたちがより良い保育環境で過ごすことができるように、主任保育士は保育から管理まで様々な業務をリーダーとして行っています。他の保育士はもちろん園長など経営層との関わりも多く、他の保育士と経営層をつなぐ役割も担っています。責任の重い仕事なので周囲から信頼されることや昇給が期待できますが、主任保育士ならではの悩みもたくさんあります。主任保育士になるには必要な経験とスキルを身に付け、意思を上司に示すことが重要です。しかし主任は1つの園に1人しか選ばれないので園によっては昇格が難しい場合もあります。思い切って主任保育士を募集している園に転職することも主任になる一つの方法です。