保育のはてな?保育のお役立ち情報まとめブログ

保育に関するはてな?を発信していきます!保育士さんや幼稚園教諭さん、子育て中の保護者の皆さん、保育に関心をお持ちの方々にぜひ読んでいただきたいです。

保育士、給料や残業に不満。紹介サービスや転職フェアの利用で待遇改善試みる

 政府や自治体は待機児童問題の解決のために、事業所を増やし定員を増加しようとしています。事業所を増やすうえで現状より多くの保育士が必要となりますが、働いている保育士の多くが「きついのに、割に合わない」という待遇面での不満を持っています。転職を考える保育士もいますが、仕事をしながら転職活動をするのは現実的に難しいです。しかし転職支援サービスを利用したり転職フェアへ参加することで、自分で探すのに比べ簡単に転職活動を行うことができます。

ほとんどの保育士が給料の安さや勤務時間の長さに不満を持っている

保育士 転職①

 政府や自治体は待機児童問題の解決のために保育施設の設置を促していますが、保育業界では保育士不足が大きな課題となっています。株式会社ウェルクスが保育士や保護者にアンケートをした結果、保育業界に保育士が集まらない理由として回答者の72%が「給料の安さ」を選んでいます。回答者の中には何年も働いている保育士も多くいることから、勤続年数にかかわらず他の職種よりも給料が安いことが考えられます。また給料の他にも58%が「残業や勤務時間の長さ」に課題を感じていることから、保育士の職場環境にも課題があることがわかります。回答者の62%が現状10時間以上働いており、8時間の基本勤務時間よりもかなり多く働いていています。このように給料や勤務時間など待遇面に不満をもつ保育士は多く、より良い職場や他の職種に転職しようと考える人も多くいます。

転職支援サービスの利用で自分に合った職場環境や給料の改善ができる

保育士 転職②

 より良い待遇を求めて転職をしようとしても、日々保育士として働きながら転職活動をするのは難しいことです。転職をしようとしても「どうやって事業所を探そうか」、「次はどのようなところで働こうか」と考えているうちに仕事が忙しくなり、転職するのをあきらめてしまう人も多いです。そこでおすすめしたいのが転職支援サービスです。転職支援サービスでは電話面談だけで、自分の条件に合った職場を紹介してもらえます。また自分では言いにくい給料の交渉もしてもらえるので、待遇改善も期待できます。選考に進んだ際は履歴書や面接のアドバイスももらえるので、他の保育士よりも転職を優位に進めることもできます。転職活動をしていると内定をもらった後で、より志望度の高い事業所から内定が出ることもありますよね。その際も転職支援会社から事業所に連絡してもらえるので、保育士は内定辞退の心配などせず、ただ自分の働きたい職場を探すことに集中できます。このように転職支援サービスを使えば、多くのメリットを受けることができます。利用料は一切かからないので一度試しに登録してみると良いでしょう。

転職支援サービスに抵抗がある人は転職フェアで複数園を見比べることもできる

保育士 転職③

 なかには転職支援サービスに抵抗のある人もいると思います。その人たちには転職フェアをおすすめします。転職フェアは土日に自治体や転職支援会社が開催しており、一度に複数の事業所の話を聞いた上で見比べることができます。複数の事業所の話を一度に聞く事で、事業所ごとの保育方針や環境の違いが見つけやすくなっています。転職支援会社の保育ひろばが主催する「ほいっくまフェス」では複数の事業所を知れるだけでなく、自分におすすめの事業所を見つけるのに役立つタイプ別診断や、転職の悩みをコンサルタントに相談する機会もあります。また気になった事業所があればその場で見学の日程調節もでき、簡単に事業所と関わることができます。参加費無料の転職フェアになっているので、転職希望の人はもちろん、転職を明確に考えていない人も日頃の悩みを相談するのも良いかもしれません。

「保育士の転職」に関するまとめ

 待機児童問題の解消を目指すうえで、課題となっているのが保育士不足です。保育士不足は保育士の待遇が良くないことが原因であり、多くの保育士が給料の安さや、勤務時間の長さに不満を持っています。少しでも良い条件で働きたいと転職を考えても、日々働きながら自分で仕事を探すのは難しいです。そこで保育士の転職支援サービスを使えば電話での面談だけで、自分に合った職場を紹介してくれます。転職支援サービスに抵抗のある保育士も、土日に自治体や転職支援会社が開催する転職フェアに参加すれば、一度に複数の事業所の話を聞いた上で見比べることができます。このように転職支援サービスや転職フェアを利用することで、自分で事業所を探すのに比べ簡単に転職を進めることができます。