保育のはてな?保育のお役立ち情報まとめブログ

保育に関するはてな?を発信していきます!保育士さんや幼稚園教諭さん、子育て中の保護者の皆さん、保育に関心をお持ちの方々にぜひ読んでいただきたいです。

悩みが絶えない保育士、約3割がうつと診断される。一人で悩まず周囲に相談して

 

 政府や自治体が保育所を設置し待機児童を減らそうと試みていますが、新しく保育所ができても働く保育士が足りていません。過酷な職場環境で保育士の悩みが絶えないことが保育士不足の原因と考えられます。悩みが多いことから約9割の保育士がストレスを感じ、そのうち約3割がうつ病を経験しています。精神的につらいときには一人で抱え込まず、身近な人や窓口、転職支援サービスに相談し、日々少しずつ悩みを解決することが必要です。

給与の安さや人間関係や長時間勤務、保育士には悩みが絶えない 

保育士 悩み①

 保育士のお仕事は子どもの笑顔に囲まれた華やかな職業と思われがちですが、実際に働いている保育士の多くは「大変なのに、割に合わない」と感じています。多くの保育士が悩んでいることは給料が安すぎることです。子どもを預かる責任の重い仕事ですが、長年働いた方でも一般企業の初任給程度しか貰えない場合もあります。また他の職種に比べ昇給がかなり少ないことも問題です。次に多い悩みは同僚や先輩、園長など職場の人間関係がうまくいかないことです。どの職種でも職場の人間関係に悩む人は多いと思いますが、保育士は女社会なのでとりわけ人間関係が厳しくなっています。特に新人いじめは保育業界全体で問題になっています。他にもモンスターペアレントの対応や、勤務時間が長いこと、休みが取りにくいことなど保育士には悩みが絶えません。そのため保育士の離職率は高くなっています。また保育士の仕事は過酷であるため、保育士資格を持っているのに保育のお仕事に就職しない方や、産休や育休後に保育のお仕事に復職しない方など、潜在保育士が大きな社会問題となっています。

保育士の約3割がうつ病の経験者、約9割がストレスを感じている

保育士 悩み②

 保育士には悩みが絶えないこともあり、ストレス過多になりやすいです。また他の職種に比べて待遇が良いわけでもないため、多くの人が仕事を辞めたいと考えるでしょう。しかし保育の業界は慢性的な保育士不足です。容易に保育士の補充はできません。そのため辞めると決断しても無理に働かされる人や、圧力をかけられ辞めることができない人もいます。このように保育士はストレスを感じることが多く、ウェルクスの調査によると保育士の9割が精神的なストレスを感じており、そのなかでも3割がうつ病の経験があります。「うつになり自殺しかけた」という深刻な人もいれば、うつ病だと自分では気づいていないが、うつ病の症状を経験している人もいます。約3割という数字からも、保育士の職場環境がいかに過酷であることがわかります。

一人で抱え込まないで!身近な人や専門の窓口に悩みを相談しよう

保育士 悩み③

 保育士にとって悩みを日々どのように解決するかは重要なことです。決して自分一人で抱え込んではいけません。自分以外の人に相談し違う視点で見てもらうことで、解決の糸口を掴めることもあります。相談する相手は、家族と一緒に住んでいる人は家族が良いでしょう。職場で辛いことがあっても、家族の顔を見るとホッとすることができます。家族は長年一緒に生活しているので、自分の悩みをありのままに出せる貴重な存在です。また違う業種の友人に悩みを聞いてもらう機会も重要です。違う業種で働く友人に保育士の実情を話すと驚かれることがたくさんあります。長い間保育業界で働いていると感覚が麻痺してしまい、正しい判断ができなくなります。そこで他の仕事をしている人と話をすることで、しっかりとした判断がしやすくなります。しかしなかには、周りにはどうしても相談出来ないと感じる人もいると思います。その方は専門機関や窓口に相談しましょう。厚生労働省の「こころの耳」ではメールでも電話でも相談を受け付けているので利用しやすいですよ。また具体的に転職を考えている人は、転職支援サービスを利用して転職のプロに相談するという方法もあります。次のステップへ進むための有効なアドバイスもしてくれるので、具体的な解決策が知りたいときは相談してみることをおすすめします。

「保育士の悩み」に関するまとめ

 政府や自治体が保育施設を新たに設置しようとしていますが、働く保育士が足りていません。保育士のお仕事は給与が低い上、過酷な職場環境であるため精神的ストレスを感じることが多いです。保育士の9割が精神的なストレスを感じ、そのうち3割はうつ経験があることからも、職場の過酷さがわかります。また保育業界が慢性的な保育士不足のため、辛くても簡単に辞めるとは言えない状況です。しかし一人で悩みを抱えてしまってはいけません。家族や友人など自分以外の人に話して見ることで、解決の糸口をつかめるかもしれません。身近な人が頼れなくても専門機関や窓口、背中を押してほしい時は転職支援の会社に相談するのも次のステップに繋がる良い方法です。